AMP関連の問題が検出!サーチコンソールから届いたメールへの対応

googleWeb関連
google
Gmail

Gmail

スポンサーリンク

はじめに

Google Search Console により、貴サイトに影響する「AMP」関連の問題が 1 件検出されました。というメールを受けたらどっきりしますよね。初心者にとって、どう対応して良いか分かりませんので、まずググって調べることになると思います。ブログ経験3か月の私が解決した手順を時系列で解説します。

スポンサーリンク

結論

1-1:固定ページの不要な投稿を非公開又は削除する
1-2:「AMPページを生成しない」にチェックを入れる
2  :Cocoonの場合、AMP設定をオフにする

解決の手順1

固定ページ

固定ページ一覧

Netflix

1-1:固定ページの不要な投稿を非公開(又は削除)(赤色の○印)にする
私の場合、固定ページをクリック(青色の○印)の一覧を開くと、使っていない投稿がいくつもありました。そこで、まず初めに一覧のうち今は使わないが将来使う可能性のある投稿を非公開(赤い〇印)にし、次に不要な投稿を削除しました。

解決の手順2

AMP設定

AMP設定

(楽天でんきなら基本料金0円)
1-2:AMP設定の「AMPページを生成しない」にチェック(赤色の下線)を入れる
次に公開中の投稿を開き、AMP設定の「AMPページを生成しない」(赤色の下線)にチェックを入れました。これらの作業を実施し更新しました。

検証

検証合格の表示

Wi-Fiで家中ネット使い放題【SoftBank Air】

Gmail

Gmail

楽天プレミアムカード
修正が終わり、Googleサーチコンソールにて「修正を検証」を押して修正の報告をします。すると、Google Search Consoleが検証に表示が変わり、しばらくして問題が修正されました。正確にどのくらいの時間がかかったか不明ですが、翌日には解決していました。
楽天プレミアムカード

AMPとは

AMPは、Accelerated Mobile Pagesの略でアンプと読みます。モバイルユーザーが快適にホームページを閲覧できるようにすることを目的としてGoogleとTwitterが共同で立ち上げたプロジェクトで、一般的にはモバイル端末でホームページを高速で表示させるための仕組みを指します。
ワイヤレスイヤホン
ホームページの表示速度が遅いと、スマホの場合、ユーザーが表示を待てずに、ページを離脱してしまうこともあります。AMPはそれを予防するため、Googleが中心となって立ち上げた、モバイルページを高速に表示させる手法のことです。

AMP関連の問題出現

Gmail

Gmail

上記の様なメールが届きますので、「AMPの問題を解決する」(赤色の〇印)、をクリックするとGoogle Search Consoleのサイトに変わります。

Google Search Console

Google Search Console

Googleサーチコンソールで確認してみると、「https://(URL)/contact/?amp=1」というエラーが表示(青〇印付近に出現)していました。エラー表示の中に「contact」とありましたので、お問い合わせのページにエラーが出ていることがわかります
このAMPエラーが出た原因についてググったところ、様々なブロガーの解説が表示され、その一つ一つを読んだ結果、私は、当初、私が使用しているテーマ、Cocoon(コクーン)はAMP対応、プラグインのContact Form 7がAMP非対応のためAMPエラーが出た原因と思いました。
そこで固定ページ一覧から「お問い合わせ」の編集をクリックして、AMP設定を確認すると、「AMPページを生成しない」にチェックが入っていました。原因はこれではない、と思い、次に固定ページの一覧に投稿のうち、使っていない投稿を非公開又は削除しました。

検証

検証合格の表示

修正が終わり、Googleサーチコンソールにて「修正を検証」を押して修正の報告をします。Google Search Consoleが検証に表示が変わり、しばらくして問題が修正されました。正確にどのくらいの時間がかかったか不明ですが、翌日には解決していました。

Cocoonの場合、AMP設定をオフにする

コクーン

コクーン

「Cocoon(コクーン)」の場合には、AMPの設定(赤色の○印)から、「AMP機能を有効化する」(青色の○印)のチェックを外すだけです。
※オンする場合はチェックボックスにチェックを入れるだけ、設定はこれだけです。
(楽天電気なら基本料金0円)
Anker Soundcore Liberty Air 2(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ワイヤレス充電対応 / IPX5防水規格 / 最大28時間音楽再生 / HearID機能 / Qualcomm aptX™ / cVc8.0ノイズキャンセリング / PSE認証済】ブラック

まとめ

AMPはGoogleアドセンス管理画面からすぐに導入できるのですが、Googleが推奨するほど表示速度が速くならない、また導入することで、かえって不具合が起きる症例がある、などの理由からAMPを導入しないという選択をする人もいるようです。ただし、私のような初心者はAMPを導入しないよりも、導入して問題が生じてそれに対応するたびに自分のスキルが上がりますので、AMPを導入したほうが良いと思います。問題が起きるたびに悪戦苦闘する、要するに日々の努力の積み重ねが大事です。以上、皆さんの参考になれば幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました