シニアライフ

ライドシェア解禁~海外ではタクシーと共存しているのに日本では禁止のなぞ

今私が住んでいる所は、県庁所在地ですが、中心部から約12キロほど離れた周辺地域です。市中心部と違い、周辺地域でタクシーの姿を見る事はほとんどありません。数年前から、タクシー会社に電話をしても、配車係の人から、「その地域にはタクシーはいません。」と断られることがほとんどです。特にコロナ以後は夜間のタクシー不在の傾向が顕著となり、電話しても即断られるので、タクシー会社に電話しなくなくなりました。 一方、世間では、「日本版ライドシェア」の解禁に向けた動きが加速しています。ただし、タクシーの規制緩和や対象地域の拡大、さらなる法制度の整備などの問題があり、解禁にはもう少し時間がかかるようです。今回は、ライドシェアとは何か、なぜライドシェアは日本ではなぜ導入できないのか、について考察します。
シニアライフ

はとバスツアー:「TOKYOパノラマドライブ」(レインボーブリッジ&銀座)

2023年12月2日(土)、はとバスツアー「TOKYOパノラマドライブ」に参加し、オープントップバスに乗って都内観光を楽しみました。しかも当日の天気は雲一つない快晴、オープントップバスで約1時間の都内観光を楽しむことができました。今回は、ツアーの詳細を写真付きで紹介します。
シニアライフ

懐かしい場所~グランドアーク半蔵門に宿泊し半蔵門から桜田門を歩いてみた

グランドアーク半蔵門に宿泊した際、翌朝少し早く起きて、半蔵門から桜田門の間を散歩してみました。20数年前に毎日通った職場が近くにあり、桜田門界隈は懐かしい場所です。半蔵門~国立劇場~皇居お濠~桜田門、この区間には桜の木が植えられ、3月末には桜が満開で見事です。早朝から皇居周辺をジョギングする人も多く、思い出に浸りながら歩きました。写真を添付しますので、この辺りを散策する人の参考になれば幸いです。
スポンサーリンク
Web関連

LINEトーク画面の背景が透明に~透過調整ボタンの〇を右側に動かし解決

パソコンでLINEを使っていて、背景が透明になってしまい困ったことはありませんか?透明になると、文字が読みにくくなり不便ですね。実は、LINEのトーク画面の左上に、透過調整ボタンがあります。背景が透明になると見にくくなりますが、LINE画面の左上付近をよく見ると見つかります。ボタンを左に動かすと透明度が増し、右側に動かすと文字が見やすくなります。今回は、LINEの透過調整ボタンの操作方法について説明します。
Web関連

知らない電話番号から着信~+から始まる番号は国際電話!かけ直さず着信拒否

先日、私の携帯に「+181917048***」という番号の着信履歴が残っていました。+から始まる電話番号は海外からの電話番号ですよね。調べてみたところ、最近では国際電話による詐欺が増えているので、+から始まる国際電話には要注意とのこと。今回は、+から始まる電話番号と、その危険性や対応の仕方を紹介します!
Web関連

Bluetoothマウス接続~パスワード入力画面が表示された場合の対処法

パソコンで作業する際に、Bluetoothマウスを接続しようとしたところ、パスワードの入力を求める画面が現れ、びっくりしたことはありませんか。もちろん出鱈目な数字等を入力しても接続できません。今回は、Bluetoothマウスの接続の際にパスワード入力を求められた場合の対処法を解説します。
シニアライフ

充実した人生を送るコツ~普通で平凡な毎日を過ごすために守るべき考え方7選

皆さんの中には、自分の半生を振り返り、残された時間はもっと普通じゃない毎日を送りたい、なんて思っている人はいませんでしょうか。でも、普通で平凡な毎日じゃ、だめなんでしょうか。私自身もそうでしたが、若い頃は誰しも「平凡」や「普通」では物足りないと、考えがちなものです。しかし、ある程度の年齢になると、平凡で普通な毎日を懸命に生きることこそ、価値のある人生だという考えに変わってくるような気がします。年を重ねるにつれ、どんな人でも、何かしらの事情を抱えて生きており、一見普通に暮らしているようでも、何の問題もなく人生を送ることは難しいということが分かってくるのです。今回は、定年オヤジが考える充実した人生を送るコツとして、普通で平凡な毎日を過ごすために守るべき考え方7選を紹介します。
シニアライフ

人生を好転させる習慣とは~今すぐやめれば幸運がやってくる7つのポイント

今回は、「やめれば幸運がやってくる」というテーマで、人生を好転させるために今すぐやめるべき7つのポイントを話していきます。一つでもやっていることがあれば、今すぐ止めましょう。
シニアライフ

人生最大級の悲劇「老人性うつ」~老いの現実を受け入れ外に出て人と交流する

65歳からのうつ病は急激に増える。つまり65歳は危ない年齢というわけだ。なぜならば、定年退職をしたり、家族が離れ離れになったり、介護、親の死など、その年齢になると周りの環境がうつになりやすい状態だかららしい。なにより、65歳という年齢が自分に残されている時間を考えさせるし、仕事をせず暇を持て余すようになると要らぬ心配をして心痛めたりするわけだ。今回は専門家の知見を交えながら「老人性うつ」について考察してみる。
旅行

日本から米国へ荷物を送る~EMS国際スピード郵便は料金高めでも安心確実

外国に小さな荷物を送る方法として、EMS国際スピード郵便という便利な手段があります。以前から私は海外に住む友人や知人に荷物を送るときにはEMSを利用していました。一時期は安く送ろうと思い小型包装物で送ったこともありましたが、未着でも、追跡できないので、より安心できるEMSを使うようになりました。さて、今回、コロナ後初めてEMSを利用して、日本からアメリカに荷物を送ろうとしたところ、EMS料金の大幅な値上げと紙の送り状が使えない等、国際郵便の状況が大きく変わっていました。本ブログでは、2023年8月末現在の国際郵便の実情と日本からアメリカへの荷物の送り方を説明します。皆さんの参考になれば幸いです。
スポンサーリンク