鬼滅で人気、竈門神社参拝と宝満山登山に挑戦!駐車場から山頂迄のルート紹介

登山
DSC_0248

2020年11月3日

福岡県竈門神社で参拝し宝満山に登りました。

宝満山山頂

しめ縄がまかれた宝満山山頂の巨石



〇竈門神社と宝満山登山へのアクセス

九州自動車道筑紫野インターチェンジを流出、太宰府天満宮を通り過ぎて竈門神社の駐車場付近に到着しました。参拝客が多く、乗車し駐車場待ちしていると、駐車場の案内係員から窓越しに「参拝ですか?登山ですか?」と聞かれ、「登山です。」と答えると、係員から「左折して民間の駐車場を利用してください。」と指示されました。係員の指示通りに進み、無事に駐車することができました。駐車料金はどの駐車場も一日400円のようです。
Netflix
〇竈門神社に参拝

竈門神社神殿

多くの参拝者が並ぶ竈門神社の神殿



〇宝満山登山口
竈門神社本殿に向かって左方に進むと市道に出ます。市道沿いに上方に進むと登山口があります。

竈門神社神殿から登山口方向へ向かう道



登山者用駐車場の案内板

登山口の鳥居

スポンサーリンク

登山開始(午前11時45分)

宝満山登山口の自然歩道の案内板

歩き始めの緩やかな登山道

DABADA(ダバダ) SG承認品 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット Amazon限定キット付 アンチショック機能付 【軽量220g コンパクト最少56.5cm】 (シルバー)

標識



登山道に建つ鳥居

スポンサーリンク

一の鳥居(午後0時15分)

上の写真は一の鳥居、林道の最終地点で車5~6台の駐車スペースがあります。この日も1~2台停められるくらいのスペースが残っていました。

一の鳥居付近の林道終着点の駐車スペース

延々と続く石段

上の写真のような石段が延々と続きます。
[VITIST] トレッキングシューズ メンズ レディース 登山靴 ハイキングシューズ ハイキング・トレッキングシューズ アウトドアシューズ ハイシューズ 防水 防滑 男女兼用

徳井の水場

水場(午後0時30分)

オアシス、徳井の水場です。

延々と続く石段

まだまだ石段が続きます。

救急箱

途中のベンチに救急箱が置かれています。

救急箱の中

BBQグリルなら【Weber】

登山道に設置された木の梯子

上の写真のような階段がありますが、う回路には橋(下の写真)もかけてありますので、好きなルートで登れます。

木目プラスチック製の橋

百段ダンギ(午後0時55分)

百段ガンギ

上の写真は宝満山名物の百段ガンギです。登りきると西谷院跡(下の写真)、周辺にベンチが設置されていますので、小休止できます。

西の院

 

頂上とキャンプセンター経由の分岐点(午後1時12分)

頂上近道とキャンプセンターの分かれ道に建つ標識

山頂とキャンプセンターへの分岐点です。どちらに行っても山頂に行けますが、キャンプセンター経由はやや遠回りになっています。私は、往路は左に折れ、復路にキャンプセンター経由で下山しました。キャンプセンター経由の登山路は冒険心をくすぐるようなルートになっています。

頂上までの最後の石段

上の写真は頂上までの最後の階段です。

宝満山山頂に建つ上宮社務所

頂上(829m)到着(午後1時30分)

上の写真は上宮、下の写真は頂上の標識と巨大石

しめ縄の巻かれた頂上の巨石

頂上から福岡市内方向の景色

上の写真は頂上から見える福岡市内方向です。

下山開始

宝満山の頂上には下山口が2か所あります。1か所はキャンプセンター経由、もう一か所はキャンプセンターを経由しないルートです。私は、キャンプセンター経由ルートで下山しました。下の写真ですが、かなり急な階段です。降りるとすぐに鉄鎖を掴んで下山します。

頂上からキャンプセンターに向かう下り口

キャンプセンターへ向かう階段を降りたところに設置された鉄鎖

岩壁に設置された鉄鎖

頂上直下の巨石

上の写真は頂上に続く登山道です。大きな岩の上が頂上になります。しばらく山道を歩きます。

キャンプセンターに続く登山道

キャンプセンター建物

上の写真はキャンプセンターです。トイレも併設されています。




キャンプセンターと頂上近道の分かれ道

分岐点に戻ってきました。左に折れるとまっすぐ頂上へ、右に折れるとキャンプセンター経由で頂上に行けます。

土をくりぬいて作られた登山道

〇下山完了(午後3時40分)

竈門神社

竈門神社に戻ってきました。鬼滅の刃とどのような関係があるのかないのか分かりませんが、下の写真のような絵馬を見つけました。

竈門神社の絵馬に書かれた竈門炭治郎











コメント

タイトルとURLをコピーしました