宅建士の免許登録は必要か~合格しても必要なし!生涯有効で履歴書に記載可

副業
不動産業

建物

スポンサーリンク

はじめに

宅建士証

宅建士試験に合格した人、おめでとうございます。さて、合格しましたが、これからどうしますか?
選択肢は、登録して宅建士証を交付する、または、登録しない、の2つです。
私の場合、合格して登録実務講習を受け、宅建士証を取得しました。2年が経過しましたが、不動産業とは関係のない会社に勤めていますので、宅建士証は眠らせています。
結論ですが、不動産業界に就職しないならば、宅建士証を取得する必要はありません。宅建士試験合格は生涯有効ですので、必要な時に登録実務講習を受けて宅建士証を取得すればよいと思います。
手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

スポンサーリンク

宅建士試験合格=宅建士ではない

合格後に登録をすることで初めて宅建士であることを名乗ったり、名刺などに宅建士であることを記載できます。
しかし、試験には合格したけど登録をしない人も多いのが実情です。登録にはトータルで40,000円から70,000円ほどかかるため、不動産業界に従事していない人は急いで登録する必要はありません。宅建士証は5年に1度更新する必要もあり(更新料15,500円)、非常に維持コストがかかる資格です。


宅建士として従事しない場合

宅建士として活動しないのであれば、登録していなくても業務に支障が出ることはありません。
むしろ登録にあたっての費用や手間を考えると登録しない方が良いケースもあります。
ただし、登録が済んでいる人は就職や転職市場において即戦力とみなしてもらえます。
宅建士の登録は1~2ヶ月ほどかかるため、入社してから登録の手続きをすると空白期間ができてしまうため、即戦力が必要とされていることも多いです。

登録しなくても履歴書に書けます

宅建士を名乗ることはできませんが、「宅地建物取引士試験 合格」と書くことはできます。宅建士の資格は国家資格で認知度もあるため、資格試験合格だけでアピール出来る場合も多く、履歴書に書く事で不動産業界や金融業界では就職活動を有利に進めることができると思います。

合格から数年後に登録するとき

登録する場合は実務経験2年以上が必要なので、足りない場合は、宅建登録実務講習を受ける必要があります。
実務講習の受講後に修了証が発行されますが、この講習により実務経験2年以上と同等の資格を有していることになるのです。登録後、宅地建物取引士証の発行が完了すると宅建士として名乗れます。宅建試験合格に登録しただけでは、すぐに宅建士と名乗ることはできません。宅地建物取引士証の発行は協会に申請し、法定講習を受講する必要があります。

不動産業界で就職するなら登録を

会社によっては宅建士を持っていることで、資格手当が支給される場合があります。
また、宅地建物取引業法という法律において、不動産業を営む際には事務所に5人に1人の割合で、宅建士を置いておくことが定められています。そのため、不動産業に従事するのであれば確実に登録を済ませておいた方が良いでしょう。

資格登録要件

資格登録をするためには、次の3つの要件を満たさなければなりません。

宅建士資格試験に合格した
実務経験が2年以上ある
登録の欠格要件に該当しない

(楽天電気なら基本料金0円)

登録実務講習

実務経験2年以上の要件を満たせない方は、登録実務講習を受けなければなりません。(2年以上の実務経験がある場合、登録実務講習を受ける必要はありません)
講習の申込をすると、通信講座の教材(DVD)が送られてきますので、一度は目を通しておくと良いと思います。通信講座終了後、2日間の講習会(スクリーニング)があります。スクリーニング会場にて、物件調査の手法を学び、重要事項説明書や契約書を実際に作成しながら学びます。
2日目には修了試験があり、80%以上の正解で合格となります。なお、修了試験の合格率は99%で、よほどのことがない限り不合格にはなりません。合格率100%と言いたいところですが、稀に落ちる人もいるそうです。
登録実務講習の修了証は、通信講座を受講し、2日間の演習(スクーリング)を受講し、修了試験に合格することで交付されます。ちなみに、登録実務講習の費用は実施機関により異なりますが、2万円前後のところが多いようです。


まとめ

不動産業界以外で働くなら宅建士証を取得しない!
数年後でも自分の好きなタイミングで登録出来る!
不動産業界で働くなら登録を!

自分の今の状況を考えて、すぐに登録すべきか否か検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました