定年後の仕事~AI・ChatGPTに定年後も仕事を続けるべきか尋ねてみた

シニアライフ
スポンサーリンク

はじめに

何歳まで働くことが理想なのか?ある調査によると、「働き続けられればいつまでも働きたい」(29.4%)が最も多く、「70歳まで」(23.2%)、「65歳まで」(20.7%)、「75歳まで」(9.3%)と続く。

また定年後にふさわしい働き方については、トップは「生きがいにつながる」(48.3%)。どんなときに生きがいを感じるかについては、「自分の仕事を成し遂げたとき」(54.2%)が最も多く、「社会に貢献することができたとき」(52.6%)、「仕事の成果を認められたとき」(44.2%)と続く。多くの人が充実感を求めて働いていることがわかる。

一方、定年後に再就職しない人たちが働かない理由について、トップは「定年後も働くという発想・知識がない」(37.0%)という人が最も多かった反面、「自分の健康・体力面に不安」(31.5%)や「労働時間など勤務体系で、納得できる仕事が無い」(15.7%)、「培ってきた経験やスキルを生かせる仕事が無い」(11.1%)などだ。条件や環境さえととのえば働きたいと考えている人は意外と多い。

今回は、AIチャットボット・ChatGPTに「65歳定年退職後も仕事を続けるべきか」を聞いてみた。皆さんの参考になれば幸い。

スポンサーリンク

ChatGPTの回答

オフィス街

仕事を続けるべきかどうかは、個人の状況や希望によって異なります。以下に考慮すべきいくつかの要素を挙げますが、最終的な決定はあなた自身が行う必要があります。

経済的な安定性: 仕事を続けることで収入を確保できるかどうか考えてください。退職後の生活費や将来の目標に対して、現在の貯蓄や年金収入だけでは不安を感じる場合は、仕事を続けることで経済的な安定を図ることができます。

健康とエネルギー: 仕事を続けることによる身体的・精神的な負担を考慮してください。長時間の労働やストレスが健康や幸福感に悪影響を与える可能性がある場合は、ゆっくりと休息を取ることも重要です。

インタレストとパッション: 仕事に対する興味や情熱を考慮してください。もし仕事があなたの人生に意味や喜びをもたらしているなら、続けることで充実感を感じることができるかもしれません。

新たな挑戦と成長: 定年後に新たな挑戦や興味深いプロジェクトに取り組むことも考慮してみてください。退職後に自分の時間を有効活用し、新しいスキルを身につけるなど、個人的な成長の機会として捉えることもできます。

人間関係と社会的つながり: 仕事を通じて築かれた人間関係や社会的なつながりを考慮してください。仕事において特別なつながりやチームワークを築いている場合は、それを保持したいという思いも重要です。

これらの要素を考慮しながら、あなたの状況や価値観に合わせて最良の選択をすることが重要です。また、家族や信頼できる友人と相談することもおすすめです。

引用元:ChatGPT

まとめ

人生100年という言葉、私は正直言って、違和感を感じる。いつまで働かなきゃいけないの。健康なら良いが、老後は心身を壊さない生き方をしたい。日本はとても好きだが、誰もが退職後はのんびり海外旅行を楽しめる、そんな日本であってほしい。それが願いだ。
次のランキングに参加しています。クリックしていただければ大変うれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました