スピーチ・名言~オードリーヘプバーン!一人ぼっちは嫌だけどそっとしておいて

雑記
父と子
スポンサーリンク

はじめに

夕日

I don’t want to be alone, I want to be left alone.
Audrey Hepburn

日本語訳は、

一人ぼっちになるのは嫌だけど、そっとしておいて欲しいの。
~オードリー・ヘプバーン ~

です。
今回は、誰もが知っている有名女優オードリー・ヘプバーンの言葉を紹介し、人間関係についての話をいたします。

スポンサーリンク

そっとしておいて

「なぐさめや励ましはいらない」
「アドバイスは聞きたくない」
「いろいろと指図してほしくない」
「同情してほしくない」
「何もわかっていない」

そんなふうに思って、そっとしておいてほしいとき、近づいてくる人に
「放っておいてほしい!」
って言ってしまう人は少なくないと思います。

そして、そう言われた側は
「放っとくよ!」
と逆切れすることも多いでしょう。

しかし、世の中に一人ぼっちが大好きな人なんていません。人を遠ざけるような言動をする人であっても、しばらくの間そっとしておいてほしい、だけの場合が多いでしょう。

だから、私は、大切な人が、そっとしておいてほしいときは、ただ、そっとしておく。しかし、見捨てない。そんなふうに大切な人に寄り添っていたい、と思うのです。
靴とバッグ

おわりに

最後にオードリー・ヘプバーンの言葉を繰り返します。一人ぼっちになるのは嫌だけど、そっとしておいて欲しいの。人生で最も難しいのが人間関係です。人とのコミュニケーションを大切に、今日も一日頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました