スピーチネタ!ハーバードMBAと漁師の小話~人それぞれ幸せの定義は異なる

雑記
スポンサーリンク

はじめに

突然ですが、あなたにとって幸せとは何ですか?お金持ちになることですか?有名人になることですか?それとも、素敵な家庭を築くことですか?今回は、英語圏で広く知られているハーバードMBAとメキシコ人漁師の小話を紹介します。この小話は、今一度幸せについて考えさせてくれるお話です。

スポンサーリンク

ハーバードMBAと漁師の話

筆者は不明、英語圏で広く伝わっている小話です。
あるビジネスマンが、メキシコの小さな漁師町を訪れます。見つけたのは、魚を積んだ小さなボートと漁師さん。ビジネスマンがその漁師に尋ねます。

ビジネスマン:どのくらいの魚を得たのか、どれくらい時間がかかったのか?

漁師:ちょっとだけかな。

ビジネスマン:なぜもう少し沖に残って魚をもっと得ないの?

漁師:家族が生活する分には十分なんだよ。

ビジネスマン:じゃあ、それ以外の時間は何をしているんだ?

漁師:たくさん寝て、ちょっと漁をして、子供と遊んで、妻と昼寝をして、毎晩友達とギターを奏でてワインを飲むんだ。忙しい毎日だよ。

ビジネスマン:僕はハーバードのMBAを持っている、君の力になれるよ。もっと漁をして大きなボートを買うんだ。そしていくつかボートを追加して、最終的に大きな漁船まで持てるようになるよ。仲介業者を挟まず、直接加工業者に売って、いずれ自身の加工工場を持てばいい。そしてこの小さな村を去って、メキシコシティ(首都)に行って、ロサンゼルスやNYでもいい。自分の会社を大きくするんだ。

漁師:でも、そこにたどり着くまでどれくらいかかるんだ?

ビジネスマン:15〜20年くらいかな。

漁師:その後に何があるんだ?

ビジネスマンは笑って答えます。

ビジネスマン:ここからが最高なんだよ。自分の会社を株式公開して、自社の株を売ってお金持ちになる。億万長者になれるよ。

漁師:億万長者?それで?

ビジネスマン:そしたらもう仕事を辞めていいんだ。小さな漁村に引っ越して、ゆっくり寝て、ちょっとだけ釣りをして、子どもたちと遊んで、妻と昼寝をして、毎晩友達とギターやワインを楽しむんだ。

それを聞いた漁師は笑って答えました。

漁師:それって今僕がやっていることじゃないか。

まとめ

さて、みなさんはこの小話を聞いてどう思いましたか?
おもしろい、好きだ、共感できない、不快だ等々、意見が分かれると思います。そして、その心の声はとても大切です。なぜなら、この小話は、自分の幸せの定義について考える際にとても参考になるからです。私には、皆それぞれが「違った幸せ」を大切にしていって良いんだというメッセージを感じました。

私たちは、交通事故、病気、強盗や通り魔等の襲撃など、いつ不幸な出来事に遭遇するかわからない、という現代社会で暮らしています。そして、人それぞれ幸せの定義は異なります。自分の身の回りの幸せや当たり前に過ぎる毎日を思いっきり大切にして、今日一日、頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました