海外旅行に行こう!米国旅行で訪れたい観光地3選・モニュメントバレー他

旅行
ユニバーサルスタジオ

ニューヨークの教会

スポンサーリンク

はじめに

米国の観光地ベスト3!モニュメントバレー、ニューオーリンズ、フロリダです。

一度、アメリカ大陸を家族5人で旅行しました。数年に分けて、様々な土地を旅行しましたが、その中でも思いで深い観光地ベスト3を紹介します。


スポンサーリンク

一位 モニュメントバレー

モニュメントバレー




モニュメント・バレー(英: Monument Valley)は、アメリカ合衆国西南部のユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯の名称です。メサといわれるテーブル形の台地や、さらに浸食が進んだ岩山ビュートが点在し、あたかも記念碑(モニュメント)が並んでいるような景観を示していることからこの名がついたそうです。 古くからのナバホ族居住地域で、居留地となった現在では、その一部はナバホ族管轄のもと一般に開放する形で公開されており、ナバホ族の聖地とも呼ばれ有名な観光地となっています。
レンタカーで現地に向かいました。旅行雑誌には「モニュメントバレーは、ナバホ族の居留地で、ナバホ族が管理しており、入園ゲートで、入園料20ドル(車1台4人まで)を払います」などと書いてありますが、その時々で違うこともあるようです。私の場合、入り口で「5人で100ドルです。」と言われたので、「20ドルじゃないのか?」と答えると、「払うのが嫌なら帰れ。」と冷たい対応、当然ながら帰るわけにはいかないので、100ドル支払って入場しました。また、主要道路から入園ゲートに入る場所がわからず、一度通り過ぎてしまいました。その時に撮った写真が上の写真です。レンタカーでモニュメントバレーに行く場合、ガソリンは最寄りのスタンド(50キロは離れていると思いますが)で超満タンにしておきましょう。

二位 ニューオーリンズ

船

ミシシッピの観光船

ニューオーリンズ(英語: New Orleans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州南部にある同州最大の都市です。
メキシコ湾に面し、ミシシッピ川の河口に位置する重要な港湾都市で、元来は穀物・綿花等、ミシシッピ川流域の農産物の輸出港として発展し、のちには工業都市・観光都市としても発展しました。
ルイ・アームストロング・ニューオリンズ国際空港に到着したのち、タクシーで市内のホテルへ向かいました。運転手は黒人の女性で、英語が通じません。出身地を尋ねると、片言の英語で「ハイチ」と答えてくれました。不法残留者?30分ほどでホテルに無事到着し、料金とチップを払ってお別れしました。


三位 フロリダ

ケネディ宇宙センター

フロリダ州は、アメリカ合衆国南東部の州です。メキシコ湾と大西洋に挟まれるフロリダ半島の全域を占め、北はジョージア州とアラバマ州に接しており、サンベルトと呼ばれる比較的気候が温暖な州の1つです。ケネディ宇宙センター、スペースポート・フロリダ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、ユニバーサル・オーランド・リゾート、シー・ワールド・オブ・フロリダなどがあることで有名で、アメリカでも有数の観光地として知られています。
フロリダ州のオーランドのディズニーワールドやユニバーサルスタジオ、ケネディ宇宙センターで遊んだ後、マイアミに移動するため、グレイハウンドを利用しました。運転手は女性ドライバー一人でしたが、約5時間後に無事にマイアミに到着しました。

まとめ

家族5人でアメリカを旅行して一番感じたのは、土地が広いことです。ラスベガス空港でレンタカーを借りて、ラスベガスからグランドサークルを移動したのですが、常にガソリンの減り具合に注意していました。アメリカ旅行をレンタカーでと考えている人は、グランドサークル付近に行くと数百キロ毎にしかガソリンスタンドはありませんので要注意です。今年はコロナ禍で旅行どころではないでしょうが、いつか旅行できる日は訪れます。その際の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました